石川島記念病院/心臓病センター 新病院構想

  • 理事長のご挨拶
  • 院長のご挨拶
医療法人社団 健育会 理事長 竹川 節男
石川島記念病院/心臓病センターは、患者さんが社会に復帰し、健康に明るい未来を過ごして頂けるよう全力を尽くします。

石川島記念病院は、1931年に石川島造船所健康保険組合病院として開設され、以降長年に渡り地域医療に貢献してまいりました。2012年3月には医療法人健育会グループに仲間入りし、病院名もIHI東京病院から石川島記念病院と変更しました。そして2014年4月1日より、旧病院隣地に新しい病院として生まれ変わり、診療を開始しています。

医療法人健育会グループは、1953年、板橋区に竹川病院を開設したことにはじまり、現在では7病院、入所型介護施設9ヶ所、在宅介護事業所32ヶ所を有しております。石川島記念病院では新病院開設にあたり、心臓病センターを新設いたしました。生活習慣病の中でも、近年急激に患者数が増加している心臓、血管等の循環器疾患に、経験豊かな循環器疾患の専門医師と医療スタッフ、最新の医療機器で対応してまいります。

石川島記念病院は、グループのネットワークと東京の中心である中央区という立地を活かし、多くの患者さんが社会に復帰し、健康に明るい未来を過ごして頂けるよう、医療を通じて地域に貢献してまいりたいと考えています。