石川島記念病院/心臓病センター 新病院構想

  • 理事長のご挨拶
  • 院長のご挨拶
石川島記念病院 院長 南雲 正士
当心臓病センターでは、経験豊かな専門医・医療スタッフが集い、高い理想をもって診療を行っています。

心臓病センターを受診するということは、患者さんにとって気が進まない、憂鬱なことだと思います。健育会グループ石川島記念病院/心臓病センターでは、患者さんのそんな不安な気持ちに出来るだけ寄り添い、検査・治療を行っていきたいと思っております。

当センターは2014年に出来た、新しい心臓病センターですが、母体となる石川島記念病院は、開設から80年以上もの歴史を持つ、地域に根付いた病院です。当センターでは、地域密着型高度心臓病センターを目指す理念の基、循環器内科・心臓血管外科の医師をはじめ、看護師・臨床工学技士・臨床検査技師・放射線技師・薬剤師・理学療法士・栄養士等の医療スタッフがチームを組み、協力してそれぞれの患者さんに合った治療にあたっています。

健育会グループは、非常に良い学び合いの文化や一体感をもったグループです。この健育会グループ石川島記念病院で、 心臓病センターを開設できたことを誇りに思いますし、私たちは育まれてきた文化を引き継ぎ、さらに最新鋭の機器と技術力、そしてチーム力で患者さんやご家族の期待に応えてまいる所存です。