石川島記念病院/心臓病センター 新病院構想

心臓血管外科

狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、動脈瘤などの命にかかわる「心臓」および「血管」に関する病気を外科的に治療する専門診療科です。心臓・血管だけではなく全身の状態を診ながら本当に患者さんに必要な治療とそのタイミングを考え、安全・確実に行うことを心がけています。救急に対応できる態勢を整えるとともに、リスクの高い患者さんの治療も行っています。

患者さんの負荷を低減する手術への取組み

人工心肺装置を用いないバイパス手術(OPCAB)

以前はほとんどの患者さんで、人工心肺装置を用いて心臓と呼吸を一時的に止めて手術を行っていました。しかし現在では、技術の発展で、冠動脈バイパス術に関しては、人工心肺装置を使わないで手術することが可能です。人工心肺装置を用いないことにより、それに伴う身体の負担・合併症を減らすことができます。また、頭の血管に病気があり脳梗塞の危険が高い患者さんや腎機能の悪い患者さんなどにも、より安全にバイパス術を提供できると考えています。

設備
IABP、PCPS、人工心肺装置、経食道超音波装置、VeriQカラードップラー、SPY血管画像システムなど
  • バイパス手術
  • バイパス手術
手術
  • 冠動脈バイパス手術
  • 冠心臓弁膜症の手術
  • 胸部・腹部大動脈瘤手術
  • 不整脈に対する手術
  • 血管(動脈・静脈)に対する手術