これまで階段の上り下りや、早歩きが普通にできていて、一旦休むと胸の痛みが良くなるようであれば、狭心症の可能性があります。心臓に酸素を送る冠動脈という血管が細くなっているためと考えられます。酸素を運ぶ役割の血液が十分に送られなくなるために起きる現象です。