採用のご案内

  • 健育会とは
  • 健育会で働いて感じた仕事のやりがい

「フットワークの軽さを活かし、チーム医療を実現します」

Vol. 016平成28年2月

■職種:
看護師
■勤続年数:
8ヵ月

私は去年の6月17日に石川島記念病院に入職しました。それまでは新卒から看護師となって12年間、集中治療室で子供・大人の心臓血管外科術後の患者さんで人工呼吸器を装着された患者の看護ばかりを行ってきました。しかし、当院は地域に密着した小規模病院で、当院の患者さんの多くは後期高齢者で、年齢に伴う多数の疾患を既往にもつ方が多いです。

そのため、心臓外科なら心臓外科、整形外科なら整形外科単科の知識をもっているだけでは、患者さんを全人的に捉えることはできません。 そのため、患者さんを全人的に捉える看護ができるように日々勉強することが多く、大変ですが反面、小さい病院の強みである少人数チームでのフットワークの軽さを活かして、他のコメディカルの協力も得ながら、全体像を的確に捉え、医師に報告しながら治療を皆で協力して行うことで、効果的なチーム医療が発揮され、患者さんが元気になって退院していくのを見ることができます。

今まではICUから退室された後の患者さんの経過を確認することが出来なかったのですが、今は退院するまで見ることができて、とてもやりがいを感じています。これからも、患者さんが望む状態を維持出来るように、病院のスタッフ皆で協力して、ケアが出来るように日々努力していきたいと思います。

「健育会グループで働いて感じた仕事のやりがい」へ戻る