採用のご案内

  • 看護助手の募集
  • 臨床検査技師の募集
  • 健育会とは
  • 健育会で働いて感じた仕事のやりがい

「“治療食”で取り組むチーム医療」

Vol. 031平成29年7月

■職種:
栄養科
■勤続年数:
27年3ヵ月

新卒で旧病院に入職して、早いもので27年が経過しました。入職後しばらくは「教えられる立場」だった私も、今ではすっかり「教える立場」になってしまったことを実感しています。ただ、これも栄養科内での立場であり、チーム医療の観点では、まだまだ勉強することばかりです。

石川島記念病院になって本格的に始めたNST活動では、院内多職種との共同で患者さんの治療をサポートしています。例えば、褥瘡患者さんには創を治すために必要なコラーゲンペプチドなどの栄養素を中心にエネルギーとタンパク質の摂取目標を定め、がん患者さんの場合には脂肪とタンパク質でエネルギーを増量するなど、患者さんの病状に合わせた栄養計画を定めています。その食事をそれぞれの患者さんが摂取できるような味や形態の食事にし、チームで経過観察を行い、主治医のアドバイスをいただきながら日々改善することで栄養面からのサポートを行っています。

これら一連の業務は、私が石川島記念病院の「チーム医療」のメンバーとして「共通の言葉」を使って治療に関わっていることを実感でき、大いに仕事のやりがいを感じるときです。

これからも勉強し成長して医療の質の向上に寄与していきたいです。

「健育会グループで働いて感じた仕事のやりがい」へ戻る