採用のご案内

  • 外来看護師の募集
  • 看護助手の募集
  • 臨床検査技師の募集
  • 健育会とは
  • 健育会で働いて感じた仕事のやりがい

「病院の垣根を越えた研修で感じるやりがい」

Vol. 040平成30年5月

■職種:
臨床工学技士
■勤続年数:
1年2ヵ月

循環器病院である石川島記念病院に臨床工学技士として入職して2年目になり、オペ、カテーテル、内視鏡、病棟業務と幅広い分野を経験しています。入職して1年目の時に比べて、状況を把握して行動することが求められてくると感じています。

普段は上記の仕事に携わっていますが、健育会の横のつながりで、2週間に1回、茅ヶ崎セントラルクリニックへ透析研修に行き、石川島記念病院で経験出来ないことも経験させて頂いてます。ここでの研修を、将来的に心臓病患者さんに対する透析の提供につなげられるように、活かしていきたいと思います。

また、2年目になり、院内の機器管理業務やカテーテル分野のアブレーション業務を任せてもらうことができ、仕事への責任感が自身の中で強くなりました。

機器管理業務では、安全に医療機器を使用できるように、点検項目表作成や機器点検のスケジューリング、使用・点検マニュアル等を作成し、作成したもので稼働しています。

また、アブレーション業務でもポリグラフ操作を行い、どのようにしたら円滑に症例が進むかを意識して行動するようになりました。

幅広い分野で自身のスキルと知識は求められますが、同時に向上心が出てくる環境で仕事ができ、一つ一つの症例にやりがいを感じます。今後も自身のスキルと知識を向上させ、病院に貢献できるように努めていきたいです。

「健育会グループで働いて感じた仕事のやりがい」へ戻る